男性更年期の心身医学 : 内科の立場から(男性更年期の心身医学)(第44回日本心身医学会総会) Psychosomatic Medicine of Male Menopause on the Basis of Internal Medicine (Psychosomatic Medicine of Aging Male)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石蔵 文信 Ishikura Fuminobu
    • 大阪大学大学院医学系研究科保健学:医誠会病院 Allied Health Sciences Osaka University, Graduate School of Medicine : Iseikai Hospital

抄録

近年,中高年男性にも女性と同様の更年期様症状があり,男性更年期として注目されている.泌尿器科領域では,男性ホルモン低下による種々の症状が新たな疾患概念となりつつある.近年の不況,リストラなどで中高年男性の自殺率が急速に上昇し,心療内科分野では,中高年男性のうつ病や不安症などをミドルエイジクライシスとよび,注意を喚起している.さらに,最近では中高年男性の勃起障害治療薬が発売され,勃起不全(ED)が注目され始めた.かかる状況の中で,中高年男性に特徴的な循環器疾患,EDさらにうつや不安症などを包括して診断治療するために男性更年期外来を2001年4月に開設したので,その特徴と経験を報告する.

Recently, many middle-aged men complaine of the symptoms like menopause, such as sweating, flushing, headache and so on. In Japan, the suicide ratio of middle-aged men has been increasing. In the field of psychosomatic medicine, the background of those symptoms seems to be depression or anxiety. In the field of urology, the decrease of androgen might induce those symptoms. Furthermore, sildenafil citrate, a therapeutic medication for erectile dysfunction (ED), is available. In this situation, the author opened a male menopause clinic for middle aged men with ED, cardiovascular disease and psychosomatic complaints in April 2001. The author report the experience and characteristics regarding this male menopause clinic.

収録刊行物

  • 心身医学

    心身医学 44(6), 421-423, 2004

    一般社団法人 日本心身医学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001114701
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00121636
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03850307
  • NDL 記事登録ID
    6961130
  • NDL 雑誌分類
    ZS31(科学技術--医学--精神神経科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-26
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ