血液と自律神経機能(自律神経機能を巡って) Regulation of Leukocytes by the Autonomic Nervous System : New Rule on the Cooperation of Neuro-endocrine-immune Systems(On the Functions of the Autonomic Nervous System)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安保 徹 Abo Toru
    • 新潟大学医学部医動物・免疫 Department of Medical Zoology, Niigata University School of Medicine

抄録

多細胞生物は彼らが1つの目的に向って行動する時に, 1つの細胞が他と同調する必要があり自律神経系を発達させた。それゆえ, 多くの細胞がアドレナリン受容体やアセチルコリン受容体を膜上に保有している。白血球もまたこの法則の例外ではない。2つの主要な白血球成分である顆粒球とリンパ球は, それぞれアドレナリン受容体とアセチルコリン受容体を発現している。このため顆粒球は数, 機能ともに、交感神経刺激で活性化し, 一方, リンパ球は副交感神経刺激で活性化する。われわれはまた, 神経・内分泌・免疫系が同調することに関する新しい概念を提唱している。これらの細胞の機能(分泌)は使用し終わった代謝物の排泄から進化しているので, すべての機能が副交感神経支配になっている。これらの新概念はわれわれの体調, 免疫, そして他のものとの間での親密な関係を理解するのに非常に重要である。

Multi-cellular organisms developed the autonomic nervous system to cooperate one cell with others when they behaved for one purpose. Many cells, therfore, bear adrenergic or cholinergic receptors on the surface. Leukocytes are also not the exception for this rule. Two major leukocyte components of granulocytes and lymphocytes, which developed from macrophages in phylogeny, bear adrenergic receptors and cholinergic receptors, respectively. In this regard, granulocytes activate in number and function under sympathetic nerve stimulation, whereas lymphocytes do under parasympathetic nerve stimulation. We also herein propose a new concept on the cooperation of neuro-endocrine-immune systems. Because the functions of cells in these systems (the secretion of cytoplasmic granules) developed from the excretion of used metabolites, parasympathetic nerves govern these functions (i.e., cooperation with each other). These new concepts are extremely important for understanding the intimate relationship between our physical conditions, immune system and others.

収録刊行物

  • 心身医学

    心身医学 39(1), 67-74, 1999

    一般社団法人 日本心身医学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001122158
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00121636
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    0385-0307
  • NDL 記事登録ID
    105536
  • NDL 請求記号
    Z19-26
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ