カメムシ3種によるダイズ子実被害の解析 Analysis of soybean seed injuries caused by three species of stink bugs.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポット植えしたダイズに3種のカメムシを放飼し,放飼時のカメムシの齢期と被害,放飼時のダイズの生育期と被害,カメムシの種類と被害などの関係,さらに品質・収量への影響について検討した。<br>1) ホソヘリカメムシによる被害粒率は,1・2齢ではごくわずかであったが,3齢になると急増し,雌成虫が最大となった。被害程度の重い子実の占める割合の高いのは,4齢,雌成虫,雄成虫であり,3齢以下の幼虫ではその割合は低かった。<br>2) ホソヘリカメムシならびにイチモンジカメムシによるダイズ子実の吸汁被害は,莢伸長中期∼子実肥大初期が最も大きく,それ以降は子実の肥大ならびに硬化にともなって減少した。<br>3) ホソヘリカメムシの雌成虫による被害粒率はブチヒゲカメムシより高かったが,雌雄の平均で比較すると両種の被害粒率はほぼ同じであった。被害程度の大きい子実はホソヘリカメムシのほうがブチヒゲカメムシより多く,イチモンジカメムシによる被害は,子実肥大初期以外ではホソヘリカメムシとほぼ同じであった。<br>4) 1日1頭当り加害粒数は,ホソヘリカメムシの発育態では,雌成虫(2.07個)が,ダイズの生育期では莢伸長中期(雌雄込みにして1.7個)が最大であった。ブチヒゲカメムシは子実肥大初期には1日1頭当り雌雄とも約1個の加害能力があった。<br>5) ホソヘリカメムシによる莢伸長中期の加害が収量に最も強く影響し,28.1%の減収となったが,品質においては,その時期よりもやや莢の発達した子実肥大初期の影響が大きい傾向がみられた。

The analysis of soybean seed injuries caused by three species of stink bugs was carried out by releasing individuals among potted soybean plants. Damage caused by 1st and 2nd instar nymphs of <i>Riptortus clavatus</i> was not as severe as that caused by 3rd to 5th instar nymphs. Percentages of heavily damaged seeds were high in a plot where 4th instar nymphs and adults were released. The injuries caused by <i>R. clavatus</i> or <i>Piezodorus hybneri</i> were most severe at plant stages from middle podelongation to earlier seed-thickening. The total number of seeds injured by both males and females were almost the same for <i>R. clavatus</i> and <i>Dolycoris baccarum</i>, although the degree of injury were inflicted by the two species differed. Number of seeds injured by a single individual per day depended on the stages of <i>R. clavatus</i> and the stages of soybean plants. The number was largest when middle pod-elongation stages were attacked by female adults.

収録刊行物

  • 日本応用動物昆虫学会誌

    日本応用動物昆虫学会誌 33(3), 128-133, 1989

    日本応用動物昆虫学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001124235
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186121
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0021-4914
  • NDL 記事登録ID
    3248838
  • NDL 刊行物分類
    RB28(農産--有害動物・害および防除--昆虫)
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物) // ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-41
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ