アブラムシの口針そう入と植物組織 Insertion of Stylets of Aphids and Plant Tissues

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

25属34種のアブラムシについて口針が植物組織にそう入される状態を観察した。その結果の果要は次のとおりである。<br>1) 口針を表皮組織にそう入する際,ほとんどすべての種類では,表皮細胞間または細胞内を貫通するが,あるものは気孔からそう入し,同一種でも一定しない。しかし,カンショワタアブラムシ<i>Ceratovacuna lanigera</i> ZEHNTNER(ススキ)およびマツノハアブラムシ<i>Schizolachnus orientalis</i> TAKAHASHI(アカマツ)の2種は常に気孔からのみそう入する。<br>2) 口針が植物組織内に進入するときには一般に細胞間を通るが,細胞内を貫通することもしばしばあり,結晶体を含む細胞も容易に貫通する。厚膜組織では細胞内を貫通することはまれで,細胞間のみを通るか,あるいはこの組織を避けて柔組織を通る場合が多い。しかしマツノハアブラムシ<i>Schizolachnus orientalis</i> TAKAHASHIでは,常にアカマツ針葉組織細胞内のみを貫通する。<br>3) 口針しょうは細胞間を通過する部分よりも細胞内を貫通した部分に顕著で,また表皮と口ふんの先端との間,あるいは葉しょうと茎との間の空気中にも形成される。口針しょうは口針内の気密を保つためにも役だつものと思われる。<br>4) 口針の先端はほとんど常にし部細胞内,特にし管内にそう入される。皮層細胞内にそう入されたものは見られなかったが,まれに木部あるいは管束しょうにそう入されていた個体も見られた。また口針はそう入部から最も近いし部に達するとはかぎらず,皮層を遠回りし,あるいは髄線を経て髄にはいりし部に達するもの,あるいはし部または木部のみを通過することがある。また口針はし部で同一細胞からのみ吸汁するものではなく,たびたび新しい細胞に刺し変えるため口針こん跡の分枝したものが多数みられた。

The insertion of stylets into host plants has been studied in 34 species of aphids belonging 25 genera. Aphids feeding on host plants were quickly paralyzed with ethyl ether, and plant portions with aphids were fixed by formalin (10%) for 24-48 hours. Paraffin sections, 15μ thick, were stained with DELAFIELD'S hematoxyline, safranine T and acid fuchsin. The main results are summarized as follows:<br>1. In most species the stylets are inserted into epidermis intercellularly, intracellularly or sometimes through stomata, but <i>Ceratovacuna lanigera</i> ZEHNTNER on <i>Miscanthus</i> and <i>Schizolachnus orientalis</i> TAKAHASHI on pine leaves insert the stylets into the plants always only through the stomata of the leaves.<br>2. In many species the stylets inserted in plant tissues pass usually intercellularly, and also frequently intracellularly through even cells containing crystals, but insert intercellularly in sclerenchyma or parenchyma. <i>Schizolachnus orientalis</i> TAKAHASHI inserts the stylets always intracellularly through the insert parenchyma and endodermis of the leaves of <i>Pinus densiflora</i>.<br>3. The stylet sheaths or salivary sheaths are usually more developed within cells than between them and are formed even in air between the tip of rostrum and the surface of plant epidermis, or between the leaf sheath and the stem, when aphids feed on the stem through the sheath.<br>4. The stylets usually reach phloem, especially sieve tubes, but were observed reaching xylem or bundle sheaths in a few cases. They do not necessarily extend to the nearest phloem, and sometimes pass round about through cortex, pith ray or pith, and in some cases are extending in phloem or xylem.

収録刊行物

  • 日本応用動物昆虫学会誌

    日本応用動物昆虫学会誌 4(1), 38-44_2, 1960

    日本応用動物昆虫学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001124452
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186121
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-4914
  • NDL 記事登録ID
    9143798
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物) // ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-41
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ