好蟻性昆虫アリヅカコオロギによる多種アリ類への化学擬態 Chemical Camouflage of Myrmecophilous Cricket Myrmecophilus sp.to be Integrated with Several Ant Species.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アリ類25種との共生が知られているアリヅカコオロギ<i>Myrmecophilus</i> sp.は,敏捷性によって働きアリからの攻撃を免れている。さらに加えて,アリ類の同巣認識フェロモンである体表炭化水素組成比を化学的に擬態することによって,働きアリを欺いていることが明らかになった。コオロギが擬態によって獲得したアリ体表炭化水素成分量は,コオロギをアリから隔離して単独飼育すると減少した。このことは,アリ体表炭化水素成分をコオロギが奪取することによって,アリヅカコオロギのアリに対する化学擬態が成立する可能性を示唆する。また,アリ体表炭化水素を触角で認識する,あるいは舐め取るだけでは,アリヅカコオロギはアリ体表炭化水素組成を化学擬態することができなかった。これらの結果から,直接的な体の接触が化学擬態を成立させるための主要因として作用しているものと考えられる。

When <i>Myrmecophilous</i> species of cricket are newly introduced to an ant nest, or when the ant colony to which the cricket belongs is disturbed, the cricket is treated in a hostile manner by worker ants in most cases. The cricket escapes ant attack either by swift and nimble running or by using the ant cuticular hydrocarbon components, which serve as the nestmate recognition signal to worker ants. The cricket changes its cuticular hydrocarbon profile frequently according to the ant species it lives with. Lipids on the cricket cuticule mainly consist of hydrocarbons and wax esters, but only the hydrocarbon content decreases when the cricket is isolated from ants, suggesting that the hydrocarbons are acquired from the ants, it cannot change the cuticular hydrocarbon components. It is believed that the cricket acquires the ant cuticular hydrocarbons by direct contact with ant workers.

収録刊行物

  • 日本応用動物昆虫学会誌

    日本応用動物昆虫学会誌 40(1), 39-46, 1996-02-25

    日本応用動物昆虫学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001124486
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186121
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214914
  • NDL 記事登録ID
    3927039
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物) // ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-41
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ