アズキ畑におけるアズキゾウムシの生態 I  秋アズキ畑における発生消長とアズキの被害:I. 秋アズキ畑における発生消長とアズキの被害 Field biology of the azuki bean weevil, Callosobruchus chinensis (L.) (Coleoptera:bruchidae). I. Seasonal prevalence and assessment of field infestation of Aki-azuki, autumn variety of Phaseolus angularis W.:I. Seasonal Prevalence and Assessment of Field Infestation of Aki-Azuki, Autumn Variety of <i>Phaseolus angularis</i> W.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岡山県のアズキの主産地である英田郡作東町で,秋アズキ畑で発見される成虫数と累積産卵数の季節的変化およびアズキの被害状況について調べた。あわせて,殺虫剤散布が畑内の成虫数と累積産卵数の季節的変化に与える影響と慣行的に行われている天日乾燥がアズキ粒内のアズキゾウムシ幼虫に及ぼす殺虫効果についても調査した。<br>1) アズキ畑への成虫の飛来は8月中旬から始まり,11月初旬まで連続的にみられた。この間,8月下旬から9月上旬および10月初旬に多くの成虫の飛来があったが,畑で羽化した個体はなかった。<br>2) 飛来成虫による莢への産卵は9月上旬から始まり,10月中旬までみられた。収穫時の1莢当りの平均産卵数は2.06卵で,このうちアズキゾウムシ幼虫が食入した粒数は1莢当り0.85粒であった。<br>3) 莢に産下された卵の時点から孵化した幼虫が粒内に食入した直後までの生存率は0.47という低い値であった。食入を受けたアズキ1粒当りの幼虫密度は1.18であった。<br>4) 殺虫剤散布を行わない場合,収穫したアズキのうち粒数比で約78%は健全粒であったが,約15%はアズキゾウムシの食入を受けていた。この値は何らかの防除手段をとらなければ,アズキゾウムシによるアズキの被害はきわめて大きいことを示している。それに対し腐敗粒およびアズキサヤムシガによる食害粒の割合はそれぞれ0.5, 7.2%と低かった。<br>5) アズキゾウムシは地表から15∼20cmの高さにある莢に最も多く産卵し,被害は畑の中央ほどその縁に比べより大きかった。<br>6) 殺虫剤(MPP)散布を行った場合,畑内の成虫数および累積産卵数は,殺虫剤散布を行わなかった場合のそれらに比べ顕著に低かった。<br>7) 11月上旬の慣行的天日乾燥方法ではアズキ粒内のアズキゾウムシ幼虫に対する殺虫効果は認められず,粒の乾燥効果があるだけであった。

The first incidence of the azuki bean weevil, <i>Callosobruchus chinensis</i> (L.), was observed in the middle of August in the three Aki-azuki bean fields located in the northern part of Okayama. Thereafter the number of weevils changed and several peaks were found in the number of immigrants to the field until early November. These adults were most abundant in early October, and they laid their eggs on the mature pods from mid-September to mid-October. The mature pods of the height of 15-20cm above the ground were the mostly preferred for the oviposition sites. At the same time, it was found that the number of adults that emerged from harvested beans was highest in the central ridges and decreased towards the peripheral ridges of the field. The number of eggs per pod reached 2.06 at harvest. The larval survival rate from the egg deposition to the newly hatched larva boring into the bean in the pod was estimated to be 0.41. The percentage of beans infested by the weevils reached 14.26, that by <i>Matsumuraeses phaseoli</i> M. 7.19 and that by stink bug and fungi 0.52, in the field without insecticidal control. The traditional exposure of the harvested beans to the sun for a period of 1-3 days did not affect the survival of the larvae in the beans though the inner temperature of the beans reached 33.6°C and the water content was reduced by 2.5% after the exposure.

収録刊行物

  • 日本応用動物昆虫学会誌

    日本応用動物昆虫学会誌 29(1), 14-20, 1985

    日本応用動物昆虫学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001126232
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186121
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0021-4914
  • NDL 記事登録ID
    3022875
  • NDL 刊行物分類
    RB28(農産--有害動物・害および防除--昆虫)
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物) // ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-41
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ