和装本と洋装本 : 書物部位名称考 Japanese-stype book and Western-style book : about terminology of the parts in books

この論文をさがす

著者

抄録

書物の表紙の裏の部分をさす「見返し」という用語は、これまで和装本、洋装本を問わず用いられてきた。書物の製本構造上、「見返し」を必要とするのは洋装本だけである。洋式製本の技術が導入され、定着した明治中期以前に「見返し」が用いられた形跡は見出せない。当時の文献に徴し「見返し」は洋装本の盛行とともに和装本に転用された用語であることを確認した。書物の部位名称に着目し、書物の構造との整合性を考察することにより、和装本、洋装本の違いを明らかにするとともに、その文化的意味について言及した。

The term "mikaeshi" (end paper) has been used both for Japanese-style books and Western-style books. Viewing from the point of structure of books, only Western-style book needs it. It has no trace of being used before the period of mid-Meiji era when the technology of Western-style book-making was first introduced and established. Referring to the relevant literature, what the term "mikaeshi" had been adopted by Japanese-style books to align with the prosperity seen in Western-style book making of the time. By turning attention to its naming in the parts of books, and examining uniformity between naming and structure of books, the differences between Japanese-style books and Western-style books is clarified and its meaning from cultural point of view be examined.

収録刊行物

  • 大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要

    大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要 4, 1-7, 2005-01-31

    大阪樟蔭女子大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001138258
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11637107
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13471287
  • NDL 記事登録ID
    7702233
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-G412
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ