身体知としての教養(ビルドゥング) (特集 教養の解体と再構築) Culture (Buildung in German) as Bodily Wisdom

この論文をさがす

著者

抄録

この論文の目的は,「身体知としての教養(ドイツ語で言えば,ビルドゥング)」という概念の意義を明らかにすること,および,日本の伝統的な教養と教育を検討することによって,私たちによって生きられている身体の重要な役割を教育学の文脈に位置づけることである。 この概念には,二つの主な効果がある。一つの効果は,身体的な経験を通して獲得された知恵を一つの教養としてみなすようになることである。もう一つの効果は,たとえば音読や古典的な詩歌の暗誦のように,古典的な教養を学ぶ上での,私たちによって生きられている身体の重要性を評価するようになることである。生きられている身体というのは,メルロー=ポンティの『知覚の現象学』の中心概念である。「身体知としての教養」という概念は,私たちによって生きられている身体によって基礎づけられているものである。 教養というのは,通常は,多くのスタンダードな書物を読むによって得られた幅広い知識の問題とみなされている。しかし,19世紀までは,日本人にとって,五感を通して,言い換えれば,生きられた身体を通して学ぶことが非常に重要であった。日本の伝統的な学習法では,知の問題は,身体の問題と切り離すことのできないものであった。かつての日本人にとっては,教養をつけるということは,日々の生活の中で自分が生きている身体を耕すことを意味していた。それゆえに,教養ある人間には,何らかの身体的なアート(技芸)を経験していることが期待されていた。身体的な技を反復練習によって向上させる,まさにそのプロセスが,教養の概念の中心だったのである。 「身体知としての教養」という概念を代表する典型的な日本人は,卓越した小学校教師であった芦田恵之助(1873-1951)である。かれは,伝統的な呼吸法を応用したある特定の身体的実践を訓練した。そして,その身体的実践が自分自身の心身の健康にとってのみならず,教育にとって重要であると考えた。身体の基本的な技法が,自己のテクノロジーの中核であった。彼にとって,またかつての日本人の大部分にとって,教養は,心身を耕すことを意味していたのである。

The purpose of this paper is to clarify the significance of the concept "Culture (Buildung in German) as Bodily Wisdom" and to put the role of our living bodies in pedagogical context by examing Japanese traditional culture and education. This concept has two major effects. The one effect is to make us regard the wisdom obtained through the bodily experience as an aspect of culture. The other effect is to make us appreciate the importance of our bodies in learning classical cultures, for example reading aloud and reciting the classical poems. The living body is the main concept of Merleau-Ponty's "Phenomenology of perception" "Culture (Buildung in German) as Bodily Wisdom" is based on our living bodies. Culture is usually regarded as a problem of acquisition of a wide range knowledge, obtained by reading many standard books. But until the 19th century, it had been very important for Japanese to learn with their five senses, in other words the living body. In Japanese traditional learning methods, the mind could not be separated from the body. For Japanese in past times cultivating their minds meant cultivating their living bodies in their daily lives. This was why cultured people were expected to master some kind of physical practices. The very process to improve physical skills by practicing many times was the core of the culture. The Japanense who best represented the idea of "Culture (Buildung in German) as Bodily Wisdom" was Enosuke Ashida (1873-1951), who was an excellent elementary school teacher. He exercised a particular physical practice which applied traditional breathing methods. He thought that the physical practice was important not only for his own health, in both mind and body, but also for his education. This fundamental physicalpractice was a kind of technology of the self. For Ashida and most Japanese of past years, culture meant the process of cultivating both mind and body.

収録刊行物

  • 教育学研究

    教育学研究 66(3), 287-294, 1999-09

    一般社団法人日本教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001175987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00056578
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03873161
  • NDL 記事登録ID
    4881337
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-143
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ