南極地域の地震活動〔英文〕 Earthquake Activity in Antarctica (Reports of the Japanese Antarctic Research Expedition)

Search this Article

Author(s)

Abstract

世界の地震観測網が整備され,地球上に起こるマグニチュード5以上の地震は,ほとんど観測されるようになった今日でも,南極大陸およびその周辺に震源の決まった地震はない.しかし,南極各基地の地震観測の報告をみると,南極の基地だけにしか観測されないような,小さな地震が起こっているらしい.そこで,USCGSから発行されている"The Antarctic Seismological Bulletin"の資料に基づいて,震源の決定を試みた.少なくとも4点以上の基地で観測されているものにつき,その深さを33kmと仮定し,震央と発震時を求めた.震源決定を試みた地震72個のうち,24個の震央のみを,誤差±100km,O-C residual3秒以内で決めることができた.24個の地震のほとんどの震央は,大陸周辺に存在する地震帯の上に決まった.しかし,1個だけではあるが,南極大陸内に震源が決まった地震がある.この震源精度を確かめるために,多くの震源を仮定し,O-C residualの自乗平均値を調べた.その結果,この地震は大陸内20°W, 80°S,深さ1kmに起こり,マグニチュード4.3であることが分かった.現在の地震観測網では,震源を決められない小さな地震が,南極大陸に起こっていることは確実である.

Journal

  • Antarctic record

    Antarctic record (42), 53-60, 1971-12

    National Institute of Polar Research

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001182284
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00181831
  • Text Lang
    ENG
  • ISSN
    00857289
  • NDL Article ID
    8351864
  • NDL Source Classification
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL Call No.
    Z14-316
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top