S-500型ロケット計画 Single Stage sounding Rocket S-500

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

東京大学宇宙航空研究所では,単段式の観測ロケットS-500型の開発を進めている.これは従来のK-9 M, K-10型の代替機となるもので,高度350kmに100kgのネットペイロードを打ち上げることが可能である.現在54年度冬期の初飛行を目標としており,完成のあかつきには南極での使用も期待できる.

A single stage sounding rocket S-500 is under development by Institute of Space and Aeronautical Science, University of Tokyo.It will cover 200-400 km altitude range as a substitute for the current K-9M and K-10 rockets. It can reach 350 km altitude with 100 kg net pavload. The launch weight is about 2100 kg and the total length is 7.8 m. The first flight is scheduled in early 1980.

収録刊行物

  • 南極資料

    南極資料 65, 87-91, 1979-03

    国立極地研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001183209
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00181831
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00857289
  • NDL 記事登録ID
    2046297
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-316
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ