ランドスケープ理論とその周辺  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ランドスケープ理論は,複数の様々な個性を待ったエージェントが相互作用を通じて次第にアライアンス(連携・派閥)を作っていくプロセスを記述する, ABS (Agent-based Simulation)と呼ばれるシミュレーションモデルの一種である.この理論を提唱したAxelrodは,この理論を『第二次世界大戦時における連合国・枢軸国の形成』の分析などに適用し,興味深い結果を導いている.本稿では,その基本的な考え方とアルゴリズムを説明するとともに,その拡張の方向性についても検討する.

Journal

  • [O]perations research as a management science [r]esearch

    [O]perations research as a management science [r]esearch 49(3), 137-142, 2004-03-01

    The Operations Research Society of Japan

References:  5

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001186066
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00364999
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00303674
  • NDL Article ID
    6873515
  • NDL Source Classification
    ZD25(経済--企業・経営--経営管理)
  • NDL Call No.
    Z4-108
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top