手術前呼吸練習プログラムの開発とその効果の検討 A Respiratory Training Program for Pre-Operative Thoracotomy Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は開胸術後の順調な回復のために必要とされる効果的な最大吸気練習プログラムの開発のために計画された。プログラムは被験者間多層ベースライン法でなされ、3つのフェーズからなっていた。ベースラインのフェーズでは、被験者は吸気練習器具であるトリフローの使用法について病棟で与えられる通常の教示を受け、吸気練習を自己記録するように言われた。第1の介入フェーズでは日々の吸気回数と吸気量の結果がグラフでフィードバックされ、もし前日の記録よりも上回っていれば言語的賞賛が与えられた。第2の介入フェーズでは、第1のものに加えて、この練習の手術への役割についての新しい情報が与えられた。吸気回数の目標値はベースラインでは20、第1介入フェーズでは50、第2介入フェーズでは80というようにあげられた。19人中、14人が介入によってベースラインのフェーズから第2介入フェーズヘとその吸気量を増加させた。増加しなかった5人は、ベースライン時においてその吸気量を急激に増加させたため、吸気行動を維持できなかった。

Maximal inspiration training is recommended for pre-operative thoracotomy patients to promote smooth post-operative recovery. This study used a multiple baseline across subjects design to evaluate an inspiration training program. During baseline, the patients were taught how to use an incentive spirometer and to record the frequency and volume of their inspiratory exercises. In the first intervention phase, subjects were provided with graphic feedback for their exercise performance and, if they did more exercises than the previous day, verbal praise from the experimenter. Information about the role of training for post-operative recovery was provided to the subjects during a second intervention phase. Subjects were given a goal of doing at 20 exercises per day during baseline; the daily goal was raised to 50 in the first phase and to 80 in the second phase. Inspiratory volume increased over baseline levels for 14 of 19 subjects in the second phase, but 5 subjects who had rapidly increased their inspiratory volume in the baseline phase could not maintain the increase.

収録刊行物

  • 行動分析学研究

    行動分析学研究 9(1), 2-13, 1996

    一般社団法人 日本行動分析学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001223561
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10150936
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0913-8013
  • NDL 記事登録ID
    4355800
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学) // ZS31(科学技術--医学--精神神経科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-2121
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ