主要5因子性格検査の尺度構成 Scale construction of a "Big Five" personality inventory

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, 主要5因子を測定する質問紙を作成することである. 予備調査では, 試作版の95項目, GoldbergのSD尺度, MINI性格検査を大学生236名に実施した. SD尺度は5因子モデルのよいマーカーであることが分かった. また, 試作版の因子分析から69項目が選択された. 本調査では, 試作版に, MINIの43項目, 新たに執筆した項目を加え, 合計300項目の質問紙を作成した. その質問紙と, GoldbergのSD尺度, MINIを大学生496名に実施した. MINIの結果から洞察力に問題がある被験者を除き, 443名を分析の対象とした. 最初に暫定版質問紙300項目とSD尺度の各次元の合計点との相関を求め, 合計150項目を選出した. グループ主軸法による分析を行い, 60変数を抽出し, 最終的に, 主因子法と因子パーシモニー基準による直交回転を行った. その後, MINI性格検査の建前尺度12項目を追加し, 並ベ換えを行った. 基準関連妥当性としてSD尺度の各次元の合計点との相関を算出すると, 0.510から0.774の範囲に分布していた. 信頼性をみるために, 主要5因子性格検査(決定版)を大学生227名に1週間間隔で2度実施した. 結果は0.853から0.953の範囲であった. 主要5因子性格検査(決定版)の妥当性, 信頼性はともにかなり高いと考えられる.

The purpose of this study was to construct a Big-Five personality inventory. As a pretest, 95 items were administered to 236 students, along with Goldberg's bipolar Big-Five marker inventory and the MINI Personality Inventory. The markers proved to be a good criterion for the five factor model (FFM), and 69 items were selected. In the main study, 496 students responded to 300 items, including the 69 pretest and the 43 MINI items that correlated highly with the markers, together with the Big-Five marker and the MINI inventories. Using MINI scores as criteria, those with poor insight were dropped, keeping 443 for further analyses. First, with the Big-Five markers as criteria, 150 items were chosen. Then, with group principal component analysis, 60 items were selected, and principal factor analysis with orthomax and factor parsimony criteria was applied, yielding a simple five-factor structure. Finally, Correct Attitudes items of the MINI Inventory were added to make 70 items, which were reordered for a final version. The correlations between the new scales and the Big-Five markers were between .510 and .774, and one-week test-retest reliability with 227 students ranged between .853 and .953, showing high reliability and validity.

収録刊行物

  • 性格心理学研究

    性格心理学研究 6(1), 29-39, 1997

    日本パーソナリティ心理学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001223624
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11512495
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    1345-3629
  • NDL 記事登録ID
    4483857
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ