高校生における自己愛傾向と友人関係のあり方との関連 Narcissistic tendency and friendship in high school students.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は青年の自己愛傾向と友人関係のあり方との関連を検討することであった.全調査対象は399名の高校1年生男子であった.自己愛人格目録短縮版(NPI-S),友人への要求尺度,友人獲得尺度が318名に対して,NPI-S,友人獲得尺度,クラスメイトによる友人関係のあり方の評定が81名に対して実施された.結果より,以下の3点が明らかにされた.(1)自己愛傾向は,友人に対して今以上に自分を理解・信頼してほしい,自分にかかわりをもってほしいと望むことに関係している.(2)自己愛傾向は,高校入学以降,親しい友人や所属する集団の獲得に成功し,仲間集団に上手くとけ込んでいると自己認知することに関係している.(3)自己愛傾向の高い者は低い者よりも,好かれており,友人も多そうだと,クラスメイトに認知されている.

The purpose of the present study was to investigate the relationship between narcissistic tendency and friendship in adolescence. Three hundred ninety-nine (399) first-year high school students, all male, participated in the study. Of those, 318 completed Narcissistic Personality Inventory-Short Version (NPI-S), a Friend Expectation Scale that asked how the student wanted his friends to behave toward him, and a scale of new friendship after entering high school (SNF). Eighty-one (81) students completed NPI-S, SNF, and a sociometric questionnaire. Results were as follows: (1) Students with high narcissism scores were more likely to want their friends to understand and trust them. (2) They tended to think that they were more successful in friend-making and peer group-formation after entering high school. And (3) classmates saw them as more popular and having more friends than those with low scores.

収録刊行物

  • 性格心理学研究

    性格心理学研究 8(1), 1-11, 1999

    日本パーソナリティ心理学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001223657
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11512495
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1345-3629
  • NDL 記事登録ID
    4963744
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ