シンポジウム「がん登録等疫学研究における個人情報保護」に参加して A Report on Symposium "Protection for Personal Information in Epidemiological Research and Cancer Registry"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 櫻澤 博文 SAKURAZAWA Hirofumi
    • 産業医科大学産業生態科学研究所 作業病態学教室 Department of Work Systems and Health, Institute of Industrial and Ecological Sciences, University of Occupational and Environmental Health

抄録

2000年3月16日に国立がんセンターにおいて, シンポジウム「がん登録等疫学研究における個人情報保護」が開催され, 近く法制化が見込まれる個人情報保護の潮流の中で, がん登録等疫学研究における個人情報利用をどう捉えるかについて検討された. 国内外13名のシンポジスト, コメンテータからの発言と総合討論の結果, わが国のがん登録を効果的に展開するために, 早急な法整備が必要なこと, がん登録等の公衆衛生活動や倫理委員会等で承認された疫学研究には, 患者のインフォームドコンセントを前提とせずに個人健康情報を利用できる特例措置を設けるべきこと, および, これらの社会的措置を含めた倫理ガイドラインをわが国でも設定すべきであること等が提案, 議論された. 今後も, この種の講演会やシンポジウムが一般公開のもとで頻繁に開催され, 建設的な議論をふまえて, 適切な個人情報保護制度が作られることが望まれる.

A symposium on protection of personal information in epidemiological research and the compilation of a cancer registry was held at the National Cancer Center, Japan, on March 16, 2000. Participants discussed the use of personal health information in epidemiological research activities such as the compiling of a cancer registry to protect personal information. Legislation in Japan is pending in the near future. A total of thirteen domestic and foreign speakers and commentators shared opinions from various viewpoints and discussed the issue. It was proposed that protection regarding personal information should be legislated as soon as possible for the development of a cancer registry; patients could be exempted from informed consent for utilization of personal health information, in particular, in public health activities such as the compilation of a cancer registry and epidemiological research with the approval of an ethics review board; ethical guidelines including these steps should be established in Japan. An appropriate system of protection of personal information should be established through constructive discussion at frequent meetings and symposia which are open to the citizenry.

収録刊行物

  • 産業医科大学雑誌

    産業医科大学雑誌 22(3), 283-290, 2000

    学校法人 産業医科大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001259720
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0009832X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    会議録・学会報告
  • ISSN
    0387821X
  • NDL 記事登録ID
    5470582
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1000
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ