北九州産イエバエの性決定様式 : 日本で初めて発見された第1常染色体上の雄性決定因子 Autosomal Sex-Determining System of the Housefly : Discovery of the First-Chromosomal Male Factor in Kitakyushu, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 塚本 増久 TSUKAMOTO Masuhisa
    • 産業医科大学医動物学教室 Department of Medical Zoology, School of Medicine, University of Occupational and Environmental Health
    • 正野 俊夫 SHONO Toshio
    • 産業医科大学医動物学教室 Department of Medical Zoology, School of Medicine, University of Occupational and Environmental Health
    • 堀尾 政博 HORIO Masahiro
    • 産業医科大学医動物学教室 Department of Medical Zoology, School of Medicine, University of Occupational and Environmental Health

抄録

イエバエの性決定様式には通常のXX-XY型の性染色体によるもののほかに, 常染色体上に優性の雄性決定因子が乗ったA<SUP>M</SUP>型や超優性の雌性決定因子Fなどの存在が知られている. そのうちⅡ<SUP>M</SUP>型とⅢ<SUP>M</SUP>型が最も多く報告されている。これに対しⅠ<SUP>M</SUP>型は, 極く最近フィージー島のイエバエ集団から発見されたことが学会で報告されたのみである. 北九州市で1979年秋に野外から採集された2つの集団を用い, その性決定様式の遺伝について研究を行った結果, 多数のⅡ<SUP>M</SUP>型やⅢ<SUP>M</SUP>型の固体に混ってⅠ<SUP>M</SUP>およびⅤ<SUP>M</SUP>型の雄も含まれていることが判明した. 従って, これは日本最初のⅠ<SUP>M</SUP> 型イエバエの発見であるばかりでなく, 世界でも2番目の珍らしい記録である. また, 幼虫の神経節の染色体分析の結果, そのほとんどがXX型の核型を示す個体ばかりで, 時たまXO型やXXX型の個体が検出されることもあった. このことは, 北九州市の野外で採集された2つのイエバエ集団の性決定様式が主として常染色体上の雄性決定因子により支配されていることを示した交配実験の結果を, 細胞学的研究からも支持するものである. なお, 採集後間もなく, 成虫の体が褐色を示すミュータントが分離固定したが, 遺伝学的研究の結果, 第3染色体上の劣性遺伝子brown-bodyの新らしい対立遺伝子であることが判明したので, <i>bwb</i><SUP>79K</SUP>と命名された.

Besides the usual sex-determining system by sex-chromosomes (X and Y), several autosomal sex-determining factors are known in the housefly. Among them the 2nd and 3rd chromosomal male factors are most frequent in various areas of the world. By using multichromosomal mutant marker strains, the autosomal sex-determining system has been analyzed in field-collected colonies of the housefly from Kitakyushu, Japan. In addition to the majority of Ⅱ<SUP>M</SUP> and Ⅲ<SUP>M</SUP> male factors, one Ⅰ<SUP>M</SUP> and two Ⅴ<SUP>M</SUP> cases have been discovered from these flies. No published data had been available on the presence of Ⅰ<SUP>M</SUP> type flies until evidence was recently reported from Fiji populations. Thus the present paper is not only to report the first discovery of the Ⅰ<SUP>M</SUP> case in Japan but also the second record on such a rare type of the sex-determination in the world. The presence of neither feminizing factor F nor the 4th chromosomal male factor Ⅳ<SUP>M</SUP> was detected from these populations examined so far. Cytological examinations also showed that almost all flies possessed XX karyotype with a few XO or XXX types instead of the normal XX-XY types. A new visible mutant allele <i>bwb</i><SUP>79K</SUP> (brown-body) was isolated from one of the colonies.

収録刊行物

  • 産業医大誌

    産業医大誌 2(2), 235-252, 1980

    学校法人 産業医科大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001261420
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    0387-821X
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ