鶏骨による食道穿孔の1治験例  [in Japanese] A CASE OF ESOPHAGEAL PERFORATION BY CHICKEN BONE  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

食道穿孔は種々の誘因で生じ,なかでも内視鏡などの医原性損傷が多く異物に起因するものは比較的まれとされている.しかも,食道穿孔は早期に適切な処置を施さなければ食道周囲炎,縦隔炎,縦隔洞炎,胸膜炎などの合併症を併発し,その後は不良となる.今回,私達はフライドチキンの鶏骨誤飲6日後に食道穿孔を指摘された症例に対し開胸にて食道内異物を摘出,穿孔部縫合,縦隔胸腔内ドレナージを施行するも縫合不全を合併した症例に対し,その後,長期の縦隔胸腔内ドレナージ,完全静脈栄養などにて長期管理し,軽快せしめた症例を経験したので報告する.

Journal

  • The Japanese journal of gastroenterological surgery

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 21(9), 2292-2295, 1988-09-01

    The Japanese Society of Gastroenterological Surgery

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001307669
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00192066
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    03869768
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top