胆道閉塞解除後の胆汁酸排泄と胆汁酸クリアランスに関する臨床的研究  [in Japanese] HEPATIC SYNTHESIS AND CLEARANCE OF BILE ACID FOLLOWING THE RELIFE OF BILIARY OBSTRUCTION  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

閉塞性黄疸27例につき PTCD 後の胆汁中胆汁酸を測定し, 10例につき胆汁酸 (CDCA) 負荷試験を行って, 減黄効果や臨床経過と比較検討した. 胆汁中総胆汁酸排泄量は, 黄疸例は非黄疸例にくらべ低値をとり, また, 減黄効果および胆汁中ビリルビン量と正の相関がみられた. 胆汁中胆汁酸が 0.5mg/ml以下, 300mg/day 以下では予後不良で, 重篤な肝障害が示唆された. 胆汁酸負荷による血中消失曲線をみると, 非黄疸例, 減黄良好例, 減黄不良例の相違が的確にとらえられ, 減黄不良では抱合型胆汁酸の直線的増加が特徴で, 肝からの排泄障害の残存が推測された, PTCD 後の減黄効果を早期に予測するうえで, 胆汁酸負荷試験の成績は良い指標となること考えられた.

Journal

  • The Japanese journal of gastroenterological surgery

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 19(8), 1743-1752, 1986-08-01

    The Japanese Society of Gastroenterological Surgery

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001347582
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00192066
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    03869768
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top