プロパホス [Dipropyl 4-(Methylthio) phenyl Phosphate, カヤフォス^[○!R]の光分解 Photodegradation of Dipropyl 4-(Methylthio) phenyl Phosphate (Propaphos, Kayaphos^[○!R])

この論文をさがす

著者

抄録

^<14>C-プロパホス(フェニルリングラベル)の太陽光線ならびに紫外線による分解性を検討した結果, シリカゲルやガラス板上あるいは水溶液中のプロパホスは太陽光線により急速に分解され, その半減期はいずれも2時間以内であった.分解物としてイオウ原子が酸化されたスルフォキシドとスルホン体, リン酸エステルが加水分解されたフェノール体とそのイオウ原子の酸化体が同定され, 他に極性の高い未同定物質が照射とともに増加した.紫外線照射によっても水溶液中のプロパホスは急激に分解され, 太陽光線照射時と同じ分解物が生じたが, おもな分解生成物は^<14>C-炭酸ガスであった.本研究により, プロパホスは環境下で太陽光線により最終的に炭酸ガスにまで分解されることが推定された.

The ^<14>C-labeled organophosphorus insecticide, propaphos [dipropyl 4-(methylthio) phenyl phosphate], degraded rapidly when exposed to sunlight as deposits on silica gel plates, glass surface, or in water solution. The half-life of the chemical was less than 2 hours in each case. Degradation pathways included oxidation of the methylthio sulfur to sulfoxide and sulfone derivatives, hydrolysis of the phosphorous-O-phenyl ester, and undefined transformations leading to highly polar products that increased in quantity with time of exposure. Exposure of water solution of the chemical to artificial UV light resulted in very rapid degradation to the same major photoproducts as were generated by exposure to sunlight and in liberation of ^<14>C-carbon dioxide.

収録刊行物

  • 日本農薬学会誌

    日本農薬学会誌 4(3), 361-366, 1979

    日本農薬学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001711424
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196227
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    03851559
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  IR  NDL-Digital 
ページトップへ