グリホサートの毒性試験の概要  [in Japanese] Summary of Toxicity Studies on Glyphosate  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 脇森 裕夫
    • 日本モンサント株式会社アグロサイエンス事業部テクノロジー本部規制・環境部

Abstract

グリホサートの安全性を評価するため各種の毒性試験を実施した.原体, および各種製剤の急性毒性は低く, いわゆる普通物に相当した.また, 眼に対する刺激性は軽度から中等度であり, 皮膚に対する刺激性は軽度であった.皮膚感作性は認められなかった.亜急性毒性, 慢性毒性および発がん性試験では, 雄ラットの高用量群において白内障様レンズ変性が, 雌ラットの高用量群において体重増加抑制が認められた.また雄マウスの高用量群において肝細胞肥大および小葉中心性肝細胞壊死が, 雌雄マウスの高用量群に軽微な体重増加抑制が認められたが, いずれの動物種でも催腫瘍性は認められなかった.また, 繁殖試験において繁殖能に対する影響は認められず, 催奇形性試験において催奇形性は認められなかった.発達毒性が認められたのは母動物に対する毒性の認められた投与量においてのみであった.変異原性は復帰変異, DNA修復, 染色体異常のいずれの試験系においても陰性であった.薬理試験において心臓・循環器系に対する影響を示したが, 極めて高用量の投与の場合に限られており, 通常の使用により本剤による中毒は発現しないと考えられる.グリホサートは1980年9月に除草剤として農薬登録された.食品衛生法に基づく残留農薬基準が120種以上の作物に設定されている.一日摂取許容量(ADI)は0.75mg/kg/dayである.

Journal

  • Journal of pesticide science

    Journal of pesticide science 25(3), 343-349, 2000-08

    日本農薬学会

References:  5

  • <no title>

    BUEHLER E.

    Arch. Dermatol. 91, 171, 1975

    Cited by (1)

  • <no title>

    RITZ H.

    Current Concepts in Cutaneous Toxicity, 25-40, 1980

    Cited by (3)

  • <no title>

    MAGNUSSON B.

    J. Invest. Dermatol. 52, 268-276, 1969

    Cited by (3)

  • <no title>

    ENVIRONMENTAL PROTECTION AGENCY U. S.

    Label Review Manual, 1996

    Cited by (1)

  • <no title>

    WILLIAMS G. M.

    Regul. Toxicol. Pharmacol. 31, 117, 2000

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001713181
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00196227
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    OTR
  • ISSN
    03851559
  • NDL Article ID
    5510462
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-1132
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top