健常有歯顎者の下顎臼歯における三次元咬合力ベクトルの解析 Vector analysis of three-dimensional occlusal forces on mandibular premolars and molars in normal adults

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 西川 学 Nishikawa Manabu
    • 大阪歯科大学大学院歯学研究科有歯補綴咬合学専攻 Graduate School of Dentistry (Department of Fixed Prosthodontics and Occlusion) Osaka Dental University

抄録

本研究では健常有歯顎者の下顎臼歯について, 咬頭嵌合位における咬みしめ強度を増加させたときの三次元咬合力ベクトルの特徴を明らかにすることを目的とした.被検者は健常有歯顎者10名を選択した.そして下顎全歯のなかから, 第一小臼歯, 第二小臼歯, 第一大臼歯, 第二大臼歯を被検歯とした.被検者に中等度および最大咬みしめを行わせ, 咬頭嵌合位においてシリコーンバイトを採得した.シリコーンバイトの上下顎印象面は, 非接触三次元形状計測装置を用いて計測した.咬合力は咬合力測定用感圧フィルムを用いて測定した.上顎咬合平面を基準平面として, シリコーンバイトの上下顎歯間距離60μm以下の領域を抽出し, 咬合接触域とした.咬合力測定用感圧フィルム上の発色部位と形態から, 咬合力がどの咬合接触域に作用したものかを同定した.咬合接触域に含まれる点群から発生させた法線ベクトルを合成し, 傾斜方向を求め, 作用する咬合力を大きさとした三次元咬合力ベクトルを求めた.各歯の咬合接触点数, 咬合接触面積, 合力, 合力軸周りのモーメント, 合力軸の傾斜方向について, 歯種と咬みしめ強度を要因とした二元配置分散分析(被検者内計画)を行った.咬合接触点数, 咬合接触面積, 合力, 合力軸周りのモーメントは小臼歯に比べて大臼歯で大きい傾向を示した.合力軸の傾斜方向は, 矢状面観においても前頭面観においても, 咬合平面に対してほぼ垂直であった.咬みしめ強度の増加に伴い, 咬合接触点数, 咬合接触面積, 合力, 合力軸周りのモーメントは有意に増加した.しかし合力軸の傾斜方向には一定の傾向は認められなかった.以上のことから, 健常有歯顎者の下顎臼歯について, 咬頭嵌合位における咬みしめ強度を増加させたときの三次元咬合力ベクトルの特徴が明らかとなった.三次元咬合力ベクトルを評価することによって, より形態的かつ機能的に調和した咬合が付与できると考えられる.

We analyzed the three-dimensional occlusal force vectors during intercuspation in normal adults. Silicone occlusal registration and pressure-sensitive sheets were recorded for ten subjects during clenching with medium force and maximum force. A non-contact, three-dimensional measuring device digitized the silicone occlusal registration and occlusal forces were measured using pressure-sensitive sheets. After the occlusal contact position had been identified, the three-dimensional occlusal force pattern was synthesized from the data. The contact points, contact areas, resultant forces and moments for the molars were significantly different from those for the premolars. The inclination of resultant forces were almost vertical to the occlusal plane in the frontal and sagittal view. There was also a significant difference in the contact points, contact areas, resultant forces and moments when clenching with medium force was compared with clenching with maximum force. However, there was no consistant tendency in the inclination of the resultant forces.

収録刊行物

  • 歯科医学

    歯科医学 68(1), 1-10, 2005

    大阪歯科学会

参考文献:  33件中 1-33件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001724771
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00099810
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306150
  • NDL 記事登録ID
    7293212
  • NDL 雑誌分類
    ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-336
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ