ハトムギの品種特性について

この論文にアクセスする

著者

抄録

ハトムギは転作田における重点作物の一つとして、再び注目されている。従来の茎葉を収穫目的とした栽培に比べて、ハトムギ栽培を殻実生産の立場でみると、早生、短稈、難脱粒性、多収良質品種の育成が望まれる。そこでまず、国内外からハトムギ品種系統を導入して特性調査を実施した。その結果を報告する。

収録刊行物

  • 日本作物学会中国支部研究集録

    日本作物学会中国支部研究集録 24(0), 24-26, 1982

    日本作物学会中国支部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001724972
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-4670
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ