イネ幼植物の干ばつ下における生存能力と乾燥回避性ならびに乾燥耐性との関係〔英文〕 Role of Avoidance of and Tolerance to Water Deficits in Seedling Survival of Diverse Rice (Oryza sativa L.) Cultivars

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

作物の干ばつ抵抗性は, 乾燥耐性(植物体水ポテンシャルの低下にともなう生育阻害, 障害の発現程度)と, 乾燥回避性(環境の乾燥化にともなう水ポテンシャルの低下程度)とに依存するものと考えられる. 本研究は, これら2つの機構がイネ幼植物の干ばつ下における生存能力の品種間差にどのように関与しているかを明かにしようとした. 第1の実験では, 主として根圏の違いに起因する回避性の影響を除くため, 小容量(0.5 L)のポットに日本型稲4品種(水稲1, 陸稲3品種)を栽培し, 第6葉期に断水処理をおこなった. その結果, 全品種とも葉身の水ポテンシャルはほば同様に低下したにもかかわらず, 葉身の枯死程度は, 水稲が最も小さかった. 第2の実験では, 比較的大容量(4 L)のポットに, 日本型, インド型稲5品種(水稲2, 陸稲3品種)を栽培し, やはり第6葉期に断水処理をおこなった. その結果, 日本型, インド型稲とも, 陸稲の方が水稲より日中の葉身水ポテンシャルは高かったが, 生存程度には一定の傾向が見られなかった. 従って, イネ幼植物の干ばつ下における生存能力の品種間差は, (1)根圏が制限された条件下では耐性によって, (2)根圏が大きくなり得る条件下では主として回避性によってもたらされるものと結論される.

収録刊行物

  • 日本作物学会紀事

    日本作物学会紀事 55(3), p327-332, 1986-09

    日本作物學會

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001730964
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189888
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    00111848
  • NDL 記事登録ID
    3097249
  • NDL 刊行物分類
    RB43;RB15
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-342
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ