2倍体サトイモ(CoIocasia esculenta (L.) Schott)における4酵素のアイソザイムの遺伝分析 Genetic Control of Four Enzymes in Diploid Taro, Colocasia esculenta (L.) Schott

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

サトイモ(Colocasia esculenta (L.) Schott)の系統進化を解明するため,アイソザイムによる分析を試みることとし,その最初の研究として,アルコールデヒドロゲナーゼ,エステラーゼ,ロイシンアミノペプチダーゼおよびホスホグルコムターゼの4種の酵素について,アイソザイムの多型並びにこれを支配する遺伝子座と対立遺伝子を調査した。材料としては,交雑と種子繁殖が可能なネパール及びタイ原産の2倍体8系統とこれらを自殖または交配して得た後代系統を用いた。葉身から抽出した試料を,ポリアクリルアミトゲルを用いて電気泳動後,活性染色した.得られた酵素泳動像から,各酵素のアイソザイムについて,これを支配する遺伝子座と対立遺伝子を推定し,後代における分離を検定することによって,アロザイム,遺伝子座および対立遺伝子を同定した。その結果,4つの酵素について,複数の対立遺伝子が存在する9遺伝子座を確認した。また,これら9座が支配する酵素のうち,4座については単量体であり,アルコールデヒドロゲナーゼ,エステラーゼの2つの座については,二量体であることが分かった。サトイモの栽培種の多くは3倍体であり,その起源は,2倍体の非還元分裂配偶子と正常配偶子の受精によるものとされている。後代検定による関連遺伝子の同定が可能な2倍体を材料に,さらに他の酵素のアイソザイムを調査することにより,サトイモ全般にわたる遺伝変異,遺伝的な関係や系統進化の解明に貴重な情報をもたらすことが期待される。

In order to understand the genetic variation and relationship of taro, Colocasia esculenta (L.) Schott, isozyme analyses were initiated using fertile diploid taro accessions. Polyacrylamide gel electrophoreses were performed on leaf tissue of wild or cultivated taro accessions from Nepal and Thailand, and their progeny to determine genes controlling four enzyme systems: alcohol dehydrogenase, esterase, Ieucine aminopeptidase and phosphoglucomutase. A total of nine loci with two or three alleles were discovered encoding the four enzymes in leaf tissue among the materials used in this study. The isozymes at the two loci of alcohol dehydrogenase and esterase were in a dimeric form. Observed segregation ratios were generally not significantly different (P>.05) from expected Mendelian segregation ratios; however, distortions were observed at some loci and possible causes were discussed. These findings suggest the presence of allelic variants in other enzyme systems and precise classification of a wide range of diploid taro based on allozyme variations. Most of taro cultivars are triploids, which are considered to have evolved from fertilization of unreduced gametes of a diploid. The genetic analyses of isozymes on the diploids will provide useful information to investigate genetic variation, genetic relationship and evolution of not only diploid but also triploid taro.

収録刊行物

  • Breeding science

    Breeding science 48(3), 273-280, 1998-09-01

    日本育種学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001807912
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11353132
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13447610
  • NDL 記事登録ID
    4555586
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-238
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ