イネ品種[ミルキークイーン]の低アミロース性の遺伝子分析 Genetic Analysis of Low-amylose Content in a Rice Variety, 'Milky Queen'

この論文をさがす

著者

抄録

イネ(Oryza sativa L.)品種コシヒカリの受精卵に, メチルニトロソウレア(MNU)突然変異原処理を行って育成さえた品種ミルキークイーんの低アミロース性の遺伝子分析を行った.ミルキークイーンとその野生型であるコシヒカリを正逆交雑したF_1種子のアミロース含量は両親の中間値を示したが, ミルキークイーン/コシヒカリ由来のF_1種子よりも, コシヒカリ/ミルキークイーン由来F_1種子の方が高いアミロース含量を示した.従って, ミルキークイーンの低アミロース性を支配する遺伝子には量的効果があることが分かった.また, ミルキークイーン/コシヒカリ由来のF_2集団のアミロース含量はコシヒカリ型toミルキークイーン型が3:1に分離し, さらにミルキークイーン/コシヒカリ//ミルキークイーン由来の戻し交雑集団のアミロース含量が, 野生型と低アミロース型が1:!に分離したことから, ミルキークイーンの低アミロース性を支配する遺伝子は単因子劣性dearuto考えられた.次に, イネのアミロース合成に関与する既知の遺伝子, wx並びにdu 1, 2, 3, 4及び5との対立性を検定した結果, ミルキークイーンにおいて突然変異を生じた遺伝子は, wxの対立遺伝であることが示唆された.

Genetic analysis of low-amylose content in a rice variety, 'MilkyQueen', which is the N-methyl-N-nitrosourea (MNU)-induced mutant of the wild type variety, 'Koshihikari', was conducted. the F_1 progenise derived from the reciprocal cross between Milky Queen and Koshihikari, showed an amylose content intermediate between that of the parents. However, the amylose content in the F_1 (Koshihikari/Milky Queen) was higher than that in the F_1 (Milky Queen/Koshihikari). Thus, gene-dosage effect on the mutant gene was observed. Among the F_2 seeds derived from Milky Queen/Koshihikari, high-amylose content (Koshihikari type) and low-amylose content (mutant type) seeds were segregated according to a 3:1 ratio. Also, the segregation ratio in the BC_1F_1 (Milky Queen/Koshihikari//Milky Queen) seeds fitted to the expected 1:1 ratio. These results indicated that the mutation was controlled by a single recessive gene. An allelism test showed that the mutant gene in Milky Queen was not allelic to the known five du loci, but allelic to the wx locus.

収録刊行物

  • 育種学研究

    育種学研究 3(1), 13-19, 2001-03-01

    日本育種学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001808227
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11317194
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13447629
  • NDL 記事登録ID
    5689811
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z74-B467
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ