普通コムギ(AABBDD)からAABB型植物の抽出に関する研究 Extraction of tetraploids(AABB)of common wheats(AABBDD)

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1.新中長と伊賀筑後(ともにTriticum aestivumssp.vulgare)を構成しているAABBDDゲノムからAABBを抽出して,現在の二粒系コムギ(AABB)と比較研究して,(1)普通系コムギの発祥にいかなる二粒系コムギが参与したか,(2)普通系コムギ中でABゲノムかDゲノムと共存しているうちに,どのように分化したかを推知するために本実験を行なった。2.新中長または伊賀筑後×T.polonicumの五倍雑種を自殖し,または自殖子孫を普通コムギ親に戻し交雑して,2<SUB>n</SUB>=28の植物を選抜し,それらの語形質を比較調査した。新・B<SUB>1</SUB>F<SUB>3</SUB>は最も多くの形質(少なくとも20形質中15以上)を普通コムギ(新中長)のそれらと入れ替えた最も初期の目的植物に近いものである。しかしこの抽出四倍植物は現存の二粒系コムギのどの種にも該当しがたい。3・そのほか2<SUB>n</SUB>=28子孫中には,稔実性が著しく低下したり,半矮性や極矮性植物の出現,ネクロシスの発現,相互転座を有するものなどの出現は,普通コムギ中ではAABBゲノムがある程度独自の分化を起していることを暗示するものである。

Two Japanese varieties (Shinchunaga and lgachi-kugo) of Triticum aestivum ssp. vulgare (AABBDD, 2<SUB>n</SUB>=42) were crossed with pollen of T.polonicumvar. vesticum (AABB, 2<SUB>n</SUB>=28). In 1952 the pentaploid F<SUB>1</SUB> hybrids were grown, and their progenies were raised by self-pollination or backcrossing to the common wheat parents. Through successive generations tetraploid plants with the least resemblance to T. polonicum were selected fcr the purpose of obtaining plants with 28 chromosomes (AABB) from the common wheat parents. The pedigrees are shown in Tables 1 and 2.

Journal

  • Japanese Journal of Breeding

    Japanese Journal of Breeding 15(1), 23-29, 1965

    Japanese Society of Breeding

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001809459
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00013906
  • Text Lang
    ENG
  • ISSN
    0536-3683
  • NDL Article ID
    8108249
  • NDL Source Classification
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL Call No.
    Z18-238
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top