1991年3月23日長野県中部で発生した雨氷現象の特徴 Feature of the Glaze Phenomenon in the central district of Nagano prececture on March 23, 1991.

この論文をさがす

著者

抄録

1991年3月23日未明,長野県中部の山岳地帯で発生した雨氷現象について,発生時間中の移動調査や直後に実施した聞き取り調査などによって,発生の状況を詳しく調べた.今回の雨氷現象は,長野県中部の山脈の北側斜面のほぼ標高1200~1800mの範囲内で確認できた.総観規模の気象データでは,雨氷発生の条件とされる0℃前後の気温逆転層は確認できなかったが,発生地付近の地上気温データからは,現象発生時に標高2000m付近に暖気が入ってできた0℃前後の気温逆転層が解析された.しかし,同時間帯に山脈の南側斜面では気温逆転は見られず,山脈の存在が現象発生に影響を及ほすものと考えられた.雨氷発生域内では,発生中の気温変化がほとんど無く,ほぼ0~-1℃の範囲で安定していた.雨氷発生中の降水量は1~3mm/hと少なく,このため森林等への被害には至らなかった.

収録刊行物

  • 天気

    天気 40(1), 47-54, 1993-01-31

    日本気象学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001813214
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00151568
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05460921
  • NDL 記事登録ID
    3805714
  • NDL 刊行物分類
    ME25(気象--大気現象)
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-35
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ