明治神宮の森の気候緩和機能・大気浄化機能の評価 (1)1996年夏期集中観測  [in Japanese] Environmental Effect of Meiji Shrine Forest as a Sink for Atmospheric Energy and Pollutants (1) Field Observation in Summer 1996  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

明治神宮の気候緩和機能・大気浄化機能を熱収支・汚染物質吸収量の観点から定量的に把握することを目的として1996年8月に集中観測を行い, 以下の成果が得られた. 1) 神宮の森の放射収支・熱収支が算定された. 正味放射量の約7割は蒸発潜熱に変換されており, 日中に神宮の森が放出する水分量は, 1秒あたり約150kg (ペットボトル100本分) に達する. また都市域の熱収支 (神田ほか, 1997) と比較することにより, 神宮の森の気候緩和機能が定量的に把握された. 2) ポロメーターにより計測される1枚の葉の蒸散・気孔コンダクタンスは, 計測地点の局所的な気象条件の影響を大きく受けるため, そのままでは群落全体の蒸散量に換算できないことが示された. 3) 晴天日の夕方の一般風が弱まる時間帯において, 0.5ms^<-1>以下の弱い森林吹き出し風の存在が示された. 4) 林冠上における汚染物質の鉛直下向きフラックスを傾度法を用いて算定したところ, 日中の平均値として, O_3は約0.30ppb ms^<-1>, NO_2は約0.11PPb ms^<-1>となり, 神宮の森による汚染物質吸収量が定量的に把握された. 5) 神宮の森で測定した汚染物質の濃度変動特性を検討した結果, 物質によりその挙動が異なった. 特にSPM濃度の日変化は夜間にピークをもち, 近接市街地とは逆の傾向を示す. これは夜間森林上に形成される安定層の影響であることが推察された.

Journal

  • 天気

    天気 44(10), 713-722, 1997-10-31

References:  15

Cited by:  31

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001813795
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00151568
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    05460921
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top