細密地理情報にもとづく都市気候数値シミュレーション地表面境界条件の高精度化  [in Japanese] Upgrade of Surface Boundary Conditiion for Numerical Simulation of Urban Climate Based on Very Precise Geographic Information  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

エネルギー消費を通じて人間活動がどの程度ヒートアイランドに寄与しているのかを定量化し, 都市の熱環境を緩和する手段としてのエネルギー消費量削減の有効性を検討するため, 東京23区をフィールドとして局地気象モデルによる数値シミュレーションを行った. 細密地理情報にもとづいて地表面境界条件の高精度化をはかることにより, 人工排熱の時空間分布構造が都市の熱環境に与える影響の評価が可能となった. 冬季は海風が弱いため明瞭なヒートアイランドが終日現れ, 周辺との気温差は最大で約2.6℃に達した. また20時頃には人工排熱量の多い大手町, 新宿, 池袋に高温の極が認められた. 都心部における人工排熱の影響は夏季に最大1.5℃, 冬季に最大2.5℃と見積もられたが, 給湯用エネルギーの50%及び冷房用エネルギーの100%を削減した場合の効果は最大で-0.5℃に過ぎなかった

Journal

  • 天気

    天気 44(11), 785-797, 1997-11-30

    日本気象学会

References:  17

Cited by:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001813804
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00151568
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    05460921
  • NDL Article ID
    4352205
  • NDL Source Classification
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL Call No.
    Z15-35
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top