ギ酸カルシウム剤によるリンゴの摘花 Flower Thinning with Calcium Formate in Apple Trees

この論文をさがす

著者

抄録

ギ酸カルシウム剤によるリンゴの摘花効果について, 結実に及ぼす影響と作用機作について検討した.ギ酸カルシウム剤の0.33-1%液を満開後に散布した場合, 結実率の低下が認められた.ギ酸カルシウム剤は, 柱頭に傷害を与え, また, 花粉管の伸長を阻害することから, これらのことが結実を阻害する原因と考えられた.処理濃度に関しては, 0.5%でも柱頭の傷害と花粉管の伸長阻害が認められたが, 安定的な効果と実際の結実率から, 1%での散布が効果的であると考えられた.

The effects of calcium formate application on apple fruit (Malus domestica Borkh.) set were examined. Spraying with calcium formate after full bloom reduced the fruit set. Spraying caused injury to stigmas and petals, and inhibited pollen germination and pollen tube growth in the style. Thus, these effects of calcium formate seemed to prevent fertilization and induce floral abscission. Spraying with calcium formate at 1.0% proved to be effective for flower thinning without a negative effect on fruit quality.

収録刊行物

  • 園芸学研究

    園芸学研究 1(4), 259-262, 2002-12-15

    園芸学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001815931
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11608561
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13472658
  • NDL 記事登録ID
    6407135
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z74-C757
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  NDL-Digital 
ページトップへ