学術情報システムのもとでの大学図書館サービスの展開 Development of College Library Service under the Science Information System in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 気谷 陽子 KITANI Yoko
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科:筑波大学附属図書館 Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba:University ofTsukuba Library

抄録

本研究の目的は,学術情報システムのもとでの大学図書館サービスがどのように展開してきたかを,図書館統計を用いて明らかにすることである。1980年から2002年までの大学図書館実態調査を用い,大学図書館サービスの実態を示すであろう11のデータ項目を選定し,本研究の指標とした。指標を資源とサービスという機能面および提供と検索という目的面で4つに区分し,指標の変動を分析したところ,大学図書館サービスの展開段階が5期に分けられることがわかった。すなわち,I期(1980-1983)は大学図書館サービスの制度整備と環境整備,II期(1984-1988)は学術情報システムの実用段階への移行,III期(1989-1993)は学術情報システムの完成と有効性の実証,IV期(1994-1998)は大学図書館でOPAC以外の電子資料の提供開始,V期(1999-)は大学図書館が提供する電子資料の拡大の時期であった。

The aim of this study is to use library statistics to examine how Japanese college library service developed under the Science Information System in Japan. We examined "College and University Library Statistics" from 1980 to 2002. At first, we selected eleven data elements as indicators which ought to show performance of the university library services from the statistical table. And we labeled them from the point of view of function as either resources or services, and also from the point of view of object as either to serve or to search. The results showed a pattern of five stages. The system and network was implemented during Stage I (1980-1983), and developed further in Stage II (1984-1988). The Science Information System was completed and found to be effective during Stage III (1989-1993). College libraries began electronic resource services in Stage IV (1994-1998) and expanded them in Stage V (1999-).

収録刊行物

  • 日本図書館情報学会誌

    日本図書館情報学会誌 49(4), 137-155, 2004

    日本図書館情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001818792
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11333306
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1344-8668
  • NDL 記事登録ID
    6955444
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-133
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ