8. 加賀藩の産業・工芸の史跡と遺品(化学風土記 : わが街の化学史跡) Historic Remains of Industry and Industrial Arts in the Kaga Fief in the Edo Period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

加賀百万石と一般にいうところの藩域は加賀, 越中, 能登のいわゆる加越能三州からなり, 現在の石川・富山2県のほぼ全域にわたっていた。その藩政期を通じて越中・五箇山の秘境で, 秘密のベールに包まれながら生産されていた塩硝は, 質・量ともに当時日本一の座にあったといわれる。また, 加賀藩はその初期から美術工芸品の製造を奨励していた。金箔製造は幕府の禁令で中断を余儀なくされた期間を経て幕末に密造レベルから再開され, 九谷焼も不可解な中断の後に幕末に再開され, ともに変遷を重ねながら現在の美術工芸王国・石川の産物の一翼をになうに至っている。

収録刊行物

  • 化学と教育

    化学と教育 39(4), 420-424, 1991

    公益社団法人 日本化学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001827172
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10033386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0386-2151
  • NDL 記事登録ID
    3725187
  • NDL 刊行物分類
    M011;PA00
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-60
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ