ダイポールモードと日本の夏 (2004年度春季大会シンポジウム「2003年日本の冷夏--異常気象をどこまで理解・予測できるか」の報告) 4. Indian Ocean Dipole Mode and summer climate in Japan(Cool Summer over Japan in 2003 : To What Extent Can We Understand and Predict Extreme Weather and Climate?(A Report on the Symposium of the 2004 Spring Assembly of the Meteorological Society of Japan))

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 天気

    天気 52(8), 599-603, 2005-08

    日本気象学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001840718
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00151568
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集 // 会議録・学会報告
  • ISSN
    05460921
  • NDL 記事登録ID
    7472508
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-35
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ