農業用水路におけるメダカの環境選好性の定量化  [in Japanese] Quantification of Preference Intensity of Japanese Medaka for Environmental Factors in Agricultural Canal  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、治水機能や利水機能だけでなく、自然環境の保全・創出にも重点を置いた多自然型工法による河川改修の試みが各地で展開されてきている。これに伴い、河川改修の影響を予測することや種々の河川改修の効果を比較・検討するための手法が求められている。九州大学水環境学研究室では、室内実験を中心に水深、流速、遮蔽の3環境因子に対するメダカの選好特性のモデリング研究を進めてきた。しかしながら、室内実験より求められた選好曲線では生息場として適していると判断されるにもかかわらず、実際には魚量が極めて少ない場合があることが観察されるなど、実河川における魚類の行動解明には至っていない。本研究では農業用水路においてフィールド調査を行い、その観測データをもとに遺伝的アルゴリズムを用いた最適値探索を行い、流速、遮蔽率および水深の3環境因子に対するメダカの選好強度モデルを検討した。定式化には、Hiramasu and Shikasho(2002)の選好強度モデルをもとに、観測した個体分布密度からメダカの選好強度を定式化し、その再現性について検討した。フィールド調査の結果をもとに単純GAにより最適値探索された選好強度式から流速では3.8cm/s、遮蔽率は35%、水深は8cmで選好強度が最大値として計算された。また、それにより計算されたメダカの予測分布密度は、観測されたメダカの実測個体分布密度と、ばらつきはあるが相関関係を示した。メダカの空間分布の傾向をほぼ再現できたことから、本手法の妥当性が示唆された。

The preference intensities of Japanese Medaka (Japanese killifish, Oryzias latipes) to the three environmental factors of water depth, current velocity and cover were discussed in this paper. Mathematical models for preference intensities of Japanese Medaka to the three environmental factors were constructed by an on-the-spot examination executed ni an agricultural canal located at Sone-sinden, Kita-kyushu City, Fukuoka Prefecture, Japan. A simple genetic algorithm was introduced to search for the optimal functional representation of preference intensity. The results indicated that themaximum preference level of Japanese Medaka was determined at a water depth of 8 cm, a current velocity of 3.8 cm/s and a cover ratio of 38%. The relative weights of the environmental factors were evaluated as 0.092 for depth, 1.0 for velocity and 0.092 for cover, when the maximum weight was normalized to be unity. The weight values suggested that the environmental preferences of Japanese Medaka were almost equally affected by the three environmental factors. Judging from the good agreement between the predicted and observed distributions, the model could successfully predict the environmental preferences of Japanese Medaka.

Journal

  • Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University

    Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University 60(2), 173-178, 2005-10

    Kyushu University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001845240
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11577672
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13470159
  • NDL Article ID
    7846744
  • NDL Source Classification
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL Call No.
    Z18-300
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR  JASI 
Page Top