2004年2月に北海道・岩見沢付近で発生した雨氷現象の特徴  [in Japanese] Freezing Rain and Glaze Phenomenon Occurred around Iwamizawa in Hokkaido on February 2004  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 松下 拓樹 MATSUSHITA Hiroki
    • 千葉大学大学院自然科学研究科:株式会社工学気象研究所 Graduate School of Science and Technology, Chiba University:Meteorological Research Institute for Technology Co., LTD.

Abstract

2004年2月に北海道の岩見沢周辺で発生した雨氷現象について, 地上気象観測資料と客観解析資料を用いた解析を行った.その結果, 岩見沢で着氷性降水があった期間は, 22日21時30分頃から23日5時頃までであり, 雨氷が発生した地域は, 岩見沢から滝川までの約40kmの範囲と推定された.着氷性降水時, 岩見沢における地上気温は-0.5℃前後で推移し, 雨氷の形成環境としてはそれほど低い気温状態ではなかった.しかし, 雨氷表面における理論的な熱収支計算によると, 北東からの6m/s前後の風による通風効果によって負の熱フラックスが増加し, 雨氷が発達しやすい大気環境であったことが示された.

Journal

  • 天気

    天気 52(9), 675-680, 2005-09

    日本気象学会

Cited by:  1

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001868241
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00151568
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    05460921
  • NDL Article ID
    7683548
  • NDL Source Classification
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL Call No.
    Z15-35
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top