数値標高モデル(DEM)を用いたイリオモテヤマネコの行動圏利用様式の三次元空間解析の試み(<特集1>哺乳類の行動圏研究の現状と将来及びテレメトリー法データ行動圏解析法) Three-dimensional analysis of home range utilization by the Iriomote cat Felis iriomotensis using digital elevation models (DEM)(<Feature I>Perspectives on the mammalian home range study by telemetry)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中西 希 NAKANISHI Nozomi
    • 琉球大学大学院理工学研究科 Department of Chemistry, Biology and Marine Science, University of the Ryukyus
    • 阪口 法明 SAKAGUCHI Noriaki
    • 環境省自然環境局西表自然保護管事務所 Okinawa Area National Park and Wildlife Office, Ministry of the Environment:(Present Address)Biodiversity Conservation Project, JICA

収録刊行物

  • 日本生態学会誌

    日本生態学会誌 52(2), 259-263, 2002

    一般社団法人 日本生態学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001882171
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193852
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021-5007
  • NDL 記事登録ID
    6257929
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z18-43
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ