プラネタリウムでのインターネットやCGの活用 : ヘール・ボップ彗星1997 Practical use of Internet and Computer graphics at the Planetarium : In 1997, Comet Hale-Bopp

この論文をさがす

著者

抄録

名古屋市科学館プラネタリウムでは, 今世紀最大級と言われるヘール・ボップ彗星について様々な教育活動を行った。中でもインターネットやコンピュータ・グラフィックスを, プラネタリウムや市民観望会の場で活用し, またwwwページで公開して好評を得た。その実践例と成果, 公共施設がめざすべき方向性について論じる。

In 1996-1997, we performed many educational activities about Comet Hale-Bopp at Nagoya City Science Museum Planetarium. We made computer graphics movie of the comet, and www-pages on internet. We used them to explanation of the remarkable astronomical phenomena to many peoples. In this paper we show some examples of them, and discuss the results and directions of science museum's educational activities.

収録刊行物

  • 情報文化学会誌 = Journal of the Japan Information-culture Society

    情報文化学会誌 = Journal of the Japan Information-culture Society 4(1), 69-75, 1997-09

    情報文化学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001882340
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10540318
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13406531
  • NDL 記事登録ID
    4342828
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-B152
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ