特定外来生物に指定すべき外来植物種とその優先度に関する保全生態学的視点からの検討 Vascular plants to be designated as Invasive Alien Species according to the Invasive Alien Species Act of Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

外来生物の侵入は生物多様性を脅かす主要な要因の1つとして認識されている.日本においても, 2004年に「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」が公布され, 生態系等に係わる被害を及ぼすあるいは及ぼす可能性がある外来生物を特定外来生物として指定し, 防除などの措置を講ずることが定められている.本研究では, 同法にもとづいて指定すべき特定外来生物の検討に先立ち, 同法基本方針における「特定外来生物の選定に関する基本的事項」を維管束植物に適用して, 生物多様性を脅かす特定外来植物の候補種を選定した.これまで得られた生態学, 保全生態学およびその他の科学的知見を整理し, (1)国内外における侵略性の高さ, (2)国内における侵入面積, (3)生態系・在来種に及ぼす影響, および(4)対策事例の有無の4項目に関して, できる限り数量的に評価することにより, 108種を対策の必要性の緊急度からA-Cの3ランクに分けてリストアップした.対策緊急度の最も高いAランクには, オオブタクサAmbrosia trifida, シナダレスズメガヤEragrostis curvula, ハリエンジュRobinia pseudoacacia, アレチウリSicyos angulatus, セイタカアワダチソウSolidago altissima, オオカナダモEgeria densa, オニウシノケグサFestuca arundinacea, オオフサモMyriophyllum aquatica, コカナダモElodea nuttallii, ホテイアオイEichhornia crassipes, カモガヤDactylis glomerata, アカギBischofia javanica, 外来タンポポ種群Taraxacum spp., オオカワヂシャVeronica anagallis-aquatica, ヒメジョオンStenactis annuus, ボタンウキクサPistia stratiotesの計16種が選定された.いずれの種も生態系・在来種に及ぼす影響が顕著であり, すでに行政や地域住民が主体となり駆除対策が実施されているものである.また, オオカワヂシャを除いた15種は日本生態学会(2002)がリストアップした「日本の侵略的外来種ワースト100」に選定されており, 国内の河川における優占群落面積が大きい種が多く含まれる.それに次ぐBランクには, ハルザキヤマガラシBarbarea vulgaris, イタチハギAmorpha fruticosa, ミズヒマワリGymnocoronis spilanthoides, キショウブIris pseudacorusなど計35種が, Cランクには計57種が選定された.ここに掲載された種の中には, 現在もなお緑化用牧草, 観賞用水草などとして盛んに利用されている種が含まれている.特にAランクに選定された種については速やかに特定外来生物に指定し, 侵入・蔓延を防止するための有効な対策を強化することが必要である.

In May 2004, the "Invasive Alien Species Act" was enacted in Japan with the aim of preventing adverse effects to ecosystems, human safety, agriculture, forestry, and fisheries caused by alien species. Here, we present a list of invasive alien vascular plant species that should be designated as Invasive Alien Species (IAS). Invasive alien vascular plant species were categorized according to the following four criteria: (1) the national or international status of invasiveness; (2) the total amount of riparian habitat that the species can invade; (3) adverse effects on biodiversity and ecosystems; and (4) the implementation of countermeasures by administrators or local residents. We selected 108 vascular plant species as IAS candidates and categorized them into three ranks (A, B, or C) according to the summed scores of the four criteria. Rank A consisted of the 16 most invasive species: Ambrosia trifida, Eragrostis curvula, Robinia pseudoacacia, Sicyos angulatus, Solidago altissima, Egeria densa, Festuca arundinacea, Myriophyllum aquatica, Elodea nuttallii, Eichhornia crassipes, Dactylis glomerata, Bischofia javanica, Taraxacum spp., Veronica anagallis-aquatica, Stenactis annuus, and Pistia stratiotes. These 16 species have demonstrated strong adverse effects on biodiversity and ecosystems, and programs have been implemented to control them. Almost all of these species are included in lists of the world's worst 100 invasive species and Japan's worst Invasive Alien Species, and most of them dominate large areas of riparian habitat. Rank B consisted of 34 species, including Barbarea vulgaris, Amorpha fruticosa, Gymnocoronis spilanthoides, Iris pseudacorus, and rank C consisted of 58 species. Some IAS candidates are currently used in landscaping and gardening. For conservation of biodiversity and ecosystems, all listed species, particularly those of rank A, should be designated as IAS, and active management must be implemented for their control.

収録刊行物

  • 保全生態学研究

    保全生態学研究 10(1), 19-33, 2005

    一般社団法人 日本生態学会

参考文献:  88件中 1-88件 を表示

被引用文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001888700
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL 記事登録ID
    7421209
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ