幼児における素朴実在論的物質観--特に体積と重量の概念的未分化について THE STUDY ON PRESCHOOL CHILDREN'S NAIVE REALISM : THE CONCEPTUAL UNDIFFERENTIATION BETWEEN VOLUME AND WEIGHT

この論文をさがす

著者

抄録

物質観の発達をとらえるにあたって,まず幼児の物質観は素朴実在論的物質観であると措定する。これは外界に実在する物質を知覚されるとおりのままの固まり(mass)としてみて,物質の内的構造の把握にまでは至らないから,(1)物質の表面的属性だけで判断するために重さの概念は見かけの大きさに従属していて,したがって重量と体積とは概念的に未分化である。(2)自らの意識に反映されたとおりのままの物質としてとらえているため,欲求の度合に応じて物質の大きさの知覚に差異が生じる。このような基本的仮説に基づいて実験を行ったところ,次のような知見が得られた。1.3才児と4才児では大きい球を重いと判断する傾向が認められる。つまり幼児に関する限り,視覚が介在すると反Charpentier効率ともいうべき傾向が認あられる。これは幼児の場合,重量が見かけの体積と依存しているため,Charpentier効果に優先してこれと逆の結果が現われたものであろうと考えられる。

The aim of the study is to investrgate preschool children's conception of matter, or the naive realism that the mass existing in the outer world which they perceive is considered to be the real matter as it is. Such conception is not necessarily equal to another form of conception directing to the inner structure of the matter. The present study was designed to verify two fundamental hypotheses proposed as follows ; 1) While basing on only the apparent attribute, of matter, the preschool children's judgement of weight will remain undifferentiated from that of volume. 2) Preschpol children will judge the volume of matter by judgements on the matter's appeal to them. In other words, their judgement of volume will correspond with the degree of their liking for the matter.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 24(1), p17-25, 1976-03

    日本教育心理学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001892169
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    1645624
  • NDL 刊行物分類
    F17(教育心理学)
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ