教師のリ-ダ-シップ行動測定尺度の作成とその妥当性の研究 THE STUDY ON TEACHER'S LEADERSHIP : ITS MEASUREMENT AND VALIDITY

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,学級における教師のリーダーシップ行動を測定する尺度を作成し,その測定尺度の妥当性を吟味しようとしたものである。編岡市における小学校5年生,6年生の83学級の教師83名のリーダーシップ行動を総計3007名の児童によって評定し,一方,学級連帯性,規律遵守,児童の学習意欲・学校不満等に関する児童自らの認知反応を求めた。教師のリーダーシップ行動測定項目は因子分析の結果に基づいて選定した。測定項目の範疇化はリーダーシップP-M論に基づいて行った。主なる納果は,次の通りであった。(1)リーダーシップ46項目の因子分析の紬果,第1因子として「教師の児童に対する配慮に関する因子」,第2因子として「生活・学習における訓練・しつけに関する因子」,第3因子として「教師の児童への親近性に関する因子」,第4因子として「学習場面における緊張緩和に関する因子」,第5因子として「社会性・道徳性の訓練・しつけに関する因子」の5つの因子が見出された。

In our research, we aimed at making the measurement scale of teacher's leadership behavior in the classroom and to examine its validity. The measurement of teacher's leadership was conducted by distributing a questionnaire to pupils, asking them to rate their teachers. The subjects were 3007 pupils (5th and 6th grade) in Fukuoka City and the teacher srated by their pupils numbered 83. The school morale measurenlent scale was made in the same way as the leadership scale. Teacher's leadership was divided into four types, depending on the P-M theory. The main results were as follows : ( 1 ) We conductecl 46 questionnaire items normal varimax method and follow the five factors in teacher's leadershlp behavior. "Factor of teacher's consideration to their pupils " "Factor of disclpllne in daily life and learnin"," "Factor of teacher's acce ssibility to their pupils," "Factor of tension reduction in learning," and "Factor of discipline in sociability and morality."

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 25(3), p157-166, 1977-09

    日本教育心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001892214
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    1780457
  • NDL 刊行物分類
    F67(学校教育--教職員)
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ