大学生用対人ストレスコーピング尺度の作成  [in Japanese] Construction of the Interpersonal Stress-Coping Inventory for Undergranduates  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は, 友人関係を起因としたストレスフルなイベント, すなわち, 対人ストレスイベントに対するコーピングの個人差を測定する対人ストレスコーピング尺度(Interpersonal Stress-Coping Inventory;ISI)を作成し, その信頼性と妥当性を検証することである。因子分析の結果から, ISI(34項目)はポジティブ関係コーピング(16項目), ネガティブ関係コーピング(10項目), 解決先送りコーピング(8項目)の3つの下位尺度から構成されていることがわかった。信頼性に関しては, 内的整合性がα=.79-.87, 再検査法による信頼性係数がγ=.86-.92であった。妥当性に関しては, 内容的妥当性, 及びラザルス式ストレス・コーピング・インベントリー、尾関のストレス反応尺度, 抑うつ傾向を測定するCES-D, 友人関係に関する満足感との比較による構成概念妥当性の検証がなされた。その結果, 妥当性に関して幾つかの課題が残るものの, ISIの信頼性と妥当性を確認することができた。

The purpose of the present study was to construct a coping inventory in order to assess the different ways in which underduates respond to interpersonal stress. Study 1 reports the factor structure of the Interpersonal Stress-Coping Inventory(ISI). This self-report instrument os constructed to identify 3 types of coping strategies : positive relationship-oriented strategies(16 items), negative relationship-oriented strategies(10 items), and postponed-solution coping(8 items). Study 2 reports the reliability and validity of this inventory. The test-retest reliability coefficients ranged from 0.86 to 0.92. The validity of the Interpersonal Stress-Coping Inventory was asessed by comparing it with the Stress Coping Inventory and measures of stress, depression, and satisfaction with friendships. Overall, the results suggest that the Interpersonal Stress-Coping Inventory is a valid and highly reliable coping scale.

Journal

  • The Japanese journal of educational psychology.

    The Japanese journal of educational psychology. 48(2), 225-234, 2000-06

    日本教育心理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001893213
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00345837
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    00215015
  • NDL Article ID
    5478653
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-182
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top