大学におけるWebベース個別化教授システム(PSI)による授業の実践 (教育心理学と実践活動) Web-Based Personalized System of Instruction : Design, Implementation, and Evaluation in Higher Education

この論文をさがす

著者

抄録

大学でいくつかの科目についてWebベースの個別化教授システム(PSI)を実践している。本論文はそのデザイン,実践と評価について報告する。PSIコースは自己ペースによる学習と,単元ごとの通過テストによって完全習得学習を指向することを特徴としている。学習教材はHTMLで記述され,受講生にCD-ROMの形で配布された。3~5年間の実践でのドロップアウト率は10%以下であった。コースの最後に行った授業評価によると,PSIコースは一斉講義形式の授業よりも高い評価を得た。

The present paper reports the design, implementation, and evaluation of a Web-based personalized system of instruction (PSI) with several college courses. Personalized system of instruction (PSI) courses feature self-paced and mastery learning checked by tests at the end of every learning unit. For the present courses, learning materials were written in HTML, and delivered to the students on CD-ROM. The dropout rate was less than 10% throughout 3-5 years of the study. Evaluation at the end of the courses showed that students in the PSI courses got higher grades than students in traditional lecture-style classes.

収録刊行物

  • 教育心理学年報

    教育心理学年報 42, 182-191, 2002

    日本教育心理学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001898270
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00057901
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    04529650
  • NDL 記事登録ID
    6638423
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-183
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ