ニュートリノの質量と素粒子論 (特集 ニュートリノの物理--小柴昌俊氏のノーベル物理学賞受賞を記念して) Mass of Neutrino and Particle Physics (<Special Issue>Physics of Neutrino - Commemorating Masatoshi Koshiba's Winning of the Nobel Prize in Physics -)

この論文をさがす

著者

抄録

ニュートリノの小さな質量を予言するシーソー機構について大統一理論を用いて解説する.このシーソー機構によれば,レプトン数の保存則が破れ,ニュートリノはマヨラナ型の質量を持つ.このレプトン数の破れが現在の宇宙におけるバリオン数非対称性の起源になることを説明する.

We give a brief review on the seesaw mechanism in a grand unified theory which predicts small neutrino masses. In the seesaw mechanism the lepton-number conservation is broken and neutrinos have Majorana type masses. We also explain why the lepton-number nonconservation can be an origin of the baryon-number asymmetry in the present universe.

収録刊行物

  • 日本物理学会誌

    日本物理学会誌 58(5), 323-326, 2003

    一般社団法人日本物理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002069362
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    6582328
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ