スピン相関におけるlong time tailと磁気共鳴 Long-Time Tails of Spin Correlation Functions and Magnetic Resonance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近, 磁気共鳴が, スピン系の遅い変動を探る有力なプローブとして見直されている. 本稿では, 久保・富田の理論を基礎にして, 磁性体の次元数, スピン相関関数の長時間的なふるまい, 常磁性共鳴吸収スペクトル等の相互の関係を統一的に扱ってみる.

収録刊行物

  • 日本物理学会誌

    日本物理学会誌 34(10), 838-847, 1979

    一般社団法人日本物理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002074299
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0029-0181
  • NDL 記事登録ID
    2067205
  • NDL 刊行物分類
    MC65(分子・物性--磁性)
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ