真空は崩壊するか Dose the Vacuum Decay ?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

原子を形づくる原子核と電子の間の空間には何が存在するだろうか. そこにはもはや他の分子や原子が入り込めないことを我々はよく知っている. そこにはどんな物も存在し得ない, まさしく虚とか空とか言えそうな場所である. 我我の物理学ではその空間は負のエネルギーをもった電子で満たされていると解釈し, それを真空と呼ぶ. この真空は外からエネルギーを与えれば簡単に確認出来るが, 原子番号が173をこえるような超重原子では外からエネルギーを与えなくても, 真空から自発的に電子-陽電子対が発生して真空が崩壊する. これは真空中に実在の電子が出来ることを意味し, 真空の全く新しい側面である. こんな理論的予測を実証しようとする実験が永い間続けられている.

収録刊行物

  • 日本物理学会誌

    日本物理学会誌 38(10), 787-793, 1983

    一般社団法人日本物理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002075116
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0029-0181
  • NDL 記事登録ID
    2608507
  • NDL 刊行物分類
    MC81(原子・原子核・素粒子)
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ