素粒子の物理 : 先駆と展開の鳥瞰 Particle Physics in Japan : Pioneers, Progress and an Overview

この論文をさがす

抄録

素粒子物理学の100年を日本の著名な科学者の業績と思考に重点を置いて述べる.1935年からの最初の四半世紀は, 先駆者仁科および理論の3巨頭湯川・朝永・坂田が日本を先導した.標準理論が形成される1960-70年代には, 随所に南部のアイデアが光る.次に日本が高エネルギー実験分野で世界の3極になるまでの経過を追い, 最後に, KEKB/Belleグループによる小林・益川理論の検証と, 小柴に始まるニュートリノ物理学の興隆で締めくくる.

A 100-year history of particle physics is described with emphasis on the activities and thinking of prominent Japanese physicists. Three figures, H. Yukawa, S. Tomonaga and S. Sakata dominate in the first quarter century starting 1935, followed by Y. Nambu who pioneered many ideas which lead to the formation of the Standard Model. Then a brief history of Japanese accelerators leading to KEKB/Belle's confirmation of the Kobayashi-Maskawa model of CP violation is given. Finally, M. Koshiba's success and resultant rise of neutrino physics in Japan are described.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌

    日本物理學會誌 60(3), 171-179, 2005-03-05

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

  • <no title>

    湯川秀樹

    創造の世界, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    湯川秀樹

    旅人, 1960

    被引用文献1件

  • <no title>

    朝永振一郎

    量子電気力学の発展, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    DYSON F.

    Disturbing the Universe, 1979

    被引用文献1件

  • 坂田学派と素粒子模型の進展

    小川修三

    現代物理学の歴史, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    十年の歩み, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    HODDESON L.

    Establishing KEK in Japan and Fermilab in the US : Internationalism, Nationalism and High Energy Accelerators : Social Studies of Science 13, 1-48, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    ニュートリノ, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    IMB Collaboration

    Phys. Rev. Lett. 58, 1494, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本物理学会誌, 2003

    被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002078666
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    7273778
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ