本邦女性の閉経年齢 Age at Natural Menopause in Japanese Women

この論文をさがす

著者

    • 岩崎 寛和 IWASAKI Hirokazu
    • 筑波大学医学専門学群産科婦人科 Department of Obstetrics and Gynecology, Institute of Clinical Medicine, Tsukuba University

抄録

1. 産婦人科外来を訪れた35歳~59歳(1929年4月~1953年3月の間に誕生)の患者のうち, 両側卵巣摘出あるいは子宮摘出, ホルモン剤服用および子宮筋腫合併例を除く1,654例について閉経年齢を調査した. 2. 受診時の月経の有無(1年以上の無月経を閉経と判定した)に基づき, プロビット法により解析した結果では, 50%閉経年齢(閉経年齢中央値)は50.54歳, 10%閉経年齢, 90%閉経年齢はそれぞれ45.34歳, および56.34歳であった. 3. 既閉経者の記憶による閉経年齢に基づき閉経年齢を推定した. 記憶閉経年齢は左裾が長い非正規分布を示したが, 平均49.47歳, 標準偏差3.526歳であった. 記憶閉経年齢の分布は, 50歳, 45歳など区切りのよい年齢で異常に高く, 正確さに問題があると推測される. 4. 子宮筋腫が閉経を遅延させる因子(Odds比=9.41)であることが明らかになったので上記の解析では子宮筋腫合併例は除いたが, 卵管結紮あるいは一側卵巣摘出術は閉経年齢に影響を及ぼさなかったので解析に含めた.

Objective-To determine the age at natural menopause in Japanese women. Design-Cross-sectional and retrospective study. Subjects-Two thosusand two hundred twenty one women attending gynecological clinics between the ages of 35 and 59 who were born between April, 1929 and March, 1953. Main outcome measures-Age of menopause estimated by the rate of the presence of menses at each age, calculated by probit transformation and by reference to the patient's memory. Results-The median age of menopause based on a cross-sectional study was 50.54, and based on patient's memory is 49.47±3.53(SD). The presence of fibroma uteri significantly delays the age of menopause (Odds ratio=9.41).

収録刊行物

  • 日本産科婦人科學會雜誌

    日本産科婦人科學會雜誌 47(9), 947-952, 1995-09-01

    日本産科婦人科学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002111513
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00190060
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009165
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ