虚血再灌流により誘導されたラット胎仔におけるOxidative Stressの解析 Analysis of Oxidative Stress in Rat Fetus Induced by Clamping and Reperfusion of Uterine Vessels

この論文をさがす

著者

抄録

虚血後再灌流によって起こるoxidative stress (OS)は種々の疾患や病態に影響すると考えられている. 今回, 妊娠ラットの子宮動静脈クランプによる一過性の虚血モデルを作成し, 胎仔におけるOSを検討した. 1.クランプにより胎盤血流量が減少し胎仔心拍数の低下を認めた. また組織pH値も一過性の低下を示した. クランプ再灌流10分後の胎仔血液ガス値(pH, PO_2, PCO_2)は, クランプ前値と比較して有意差を認めなかった. 2.OSの指標となる胎仔赤血球由来O・__2^^-値の変化は, クランプ時間に伴い有意な上昇を示した(p<0.01). 母獣O・__2^^-値も, クランプ時間に伴い上昇傾向を示したが有意差は認めなかった. 3.胎仔赤血球中SOD活性は, 10分クランプ群(10分群)では上昇傾向を示したが有意差を認めなかった. しかし10分群と比較し20分クランプ群(20分群)では有意な減少を示した(p<0.01). 母獣のSOD活性も有意差は認めなかったが, 同様の傾向を示した. 4.NADH, NADPHの変動は, クランプ時間に比例して有意な減少を認めた(p<0.05). 5.肝組織中の過酸化脂質は10分群と20分群に有意差を認め(p<0.01), 脳の過酸化脂質は10分群で有意な上昇を認めた(p<0.05). 以上のことよりラット胎仔の赤血球由来O・__2^^-値は虚血時間の延長に伴い上昇し, 母獣にも影響を及ぼす可能性が示された. SOD活性は10分群では細胞内におけるナイアシン系補酵素がelectron donorとして慟くためSOD活性が高まるが, その後, 虚血時間の延長に伴いO・__2^^-の増加, NADHなどの消費が増加しSOD活性が低下すると考えられた. 組織障害の原因といわれている過酸化脂質濃度は脳組織では10分群で上昇を認め, 肝組織では20分群で上昇を示した. すなわち胎仔脳は肝と比較してOSに陥りやすいことが判明した.

Effects of oxidative stress (OS) on the fetus were studied under ischemic induced by clamping the uterine vessels of pregnant rats. OS was evaluated by superoxide (O・__2^^-) released from red blood cells. Fetal RBC-O・__2^^- of the ischemic rats (clamping for 10 min and 20 min) was significantly higher than that of the control group (p<0.01). Maternal RBC-O・__2^^- tended to increase, but not significantly. When readings before and after clamping were compared, the activity of fetal RBC SOD had increased in the ischemic group (clamping time for 10 min), but significantly decreased in the 20 min clamping rats (p<0.01). Maternal SOD activity tended to decrease along with clamping time. The amount of lipidperoxide was significantly greater in the fetal ischemic liver subjected to clamping for 20 minutes than in the tissue subjected to clamping for 10 minutes. The lipidperoxide level was significantly higher in the fetal ischemic brain exposed for 10 minutes than in the control. These results indicate that fetal RBC-O・__2^^- increased along with ischemic time, and the maternal RBC-O・__2^^- had been influenced by the increase in fetal RBC-O・__2^^-. Based on these observations, it was concluded that the OS due to ischemic injury had a more adverse effect on the fetal brain than on the liver.

収録刊行物

  • 日本産科婦人科學會雜誌

    日本産科婦人科學會雜誌 48(2), 111-117, 1996-02-01

    日本産科婦人科学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002152978
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00190060
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009165
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ