低カロリ-食餌療法を長期間適用した中毒症妊婦の胎児発育について  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

昭和44年以降,われわれは中毒症妊婦に対し安静,薬物使用制限,食塩制限,きびしい摂取熱量制限(低カロリー食餌療法)を治療の基本にしてきた.このような治療法を採用した目的は,胎児を中毒症治療薬の薬害から守り,かつ可能な範囲でできるだけ在胎期間を延長して,出生児の未熟性にもとづく障害をできる限り回避することにあるが,摂取熱量制限を長期間続ければ,胎児の発育や生活力が甚だしく損われるのではないかと懸念の声が聞かれるので,この点について報告する.

Journal

  • Acta obstetrica et gynaecologica Japonica

    Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 27(10), p1127-1128, 1975-10

    日本産科婦人科学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002201755
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00190060
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    03009165
  • NDL Article ID
    1624848
  • NDL Source Classification
    SC561(産婦人科学)
  • NDL Source Classification
    ZS38(科学技術--医学--産婦人科学)
  • NDL Call No.
    Z19-233
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top