パラオ諸島とヤップ諸島から得られた魚類(北赤道海流域における海産動物相の調査報告 : I.1980年6〜7月の調査によるパラオとヤップ諸島のサンゴ礁動物相の研究) A List of the Fishes Collected in the Palau and Yap Islands(Zoological Result of the Expedition to the North Equatorial Current Areas : I Reef-Associated Fauna in the Palau and Yap Islands, Western Caroline Islands, during June-July, 1980)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

文部省科学研究費補助金による海外学術調査が,昭和55年6月8日から7月20日まで,パラオ諸島とヤップ諸島で行われた.筆者は魚類相の調査を担当した。得られた魚類は,34科85属148種に分類された.このうちガーデンイールの1種チンアナゴが,当該海域から初めて発見された.また,モンガラカワハギ科のキヘリモンガラの産卵床と卵が,バベルダオブ島の西岸で発見され,親が卵を保護することが確認された.

A list of the fishes collected in the Palau and Yap Islands during June and July in 1980 were presented. The specimens of fishes were classified into 34 families, 85 genera, and 148 species. A garden eel Taenioconger hassi was recorded for the first time from the Palau Islands. Nests and eggs of a triggerfish Pseudobalistes flavimarginatus were found on sandy bottoms in Gesodokkuru Reef off Arumonogui in Babelthuap Island.

収録刊行物

  • 動物分類学会誌

    動物分類学会誌 23(0), 80-89, 1982

    日本動物分類学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002339226
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166758
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    0287-0223
  • NDL 記事登録ID
    2454229
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-4
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ